スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学4~6年の国語

やはり、ボキャブラリー重視です。
人間は「ことば」で考えるので、
ボキャブラリーの豊富な人は世の中で成功するそうです。


--------------------------------------------------

♪教科書+教科書ガイド+教科書ワーク

教科書は音読すると
日本語脳を鍛えることができます。

教科書ガイドには、
教科書の言葉や漢字の意味も載っています。
ワークで理解度を確認しましょう。

 

--------------------------------------------------

♪算数と国語を同時に伸ばすパズル(小学館)

宮本算数教室のパズルです。

論理パズルのようなものが載っています。
考える力、文章を正確に読み取る力、論理的に読む力を
身につけることができます。

学校の勉強、受験勉強は、解き方を覚えるだけで、
意外と頭を使わないのではないでしょうか。
強制的に頭を使うには、パズルは最適かもしれません。

 

--------------------------------------------------

♪漢字辞典ドリル(学研)

漢字の勉強は、
漢字や熟語の意味も載っているものを使うと、
日本語の単語力を効果的に増やせます。

  

--------------------------------------------------

♪マンガでわかる!10才までに覚えたい言葉1000(永岡書店)

日本語の言葉を覚えることができます。

 

--------------------------------------------------

♪なぜ?どうして?科学のお話(学研)
♪10分で読める伝記(学研)

読み書きそろばんの読みです。

このようなものを音読すると
日本語脳を鍛えることができます。
理科や偉人の知識も得られ、
一石二鳥だと思います。

  

  

--------------------------------------------------

♪読解・作文トレーニング(水王舎)

有名な予備校講師、出口さんにより体系化された、
国語の論理的な読み方を養成できる教材です。

  

--------------------------------------------------

♪本当の国語力が驚くほど伸びる本(大和出版)
♪中学入試国語の読解は答探しの技で勝つ(文芸社)
♪中学入試受験国語の読解テクニック(文英堂)

読解テクニック系は、
このあたりがすごく売れているようですね。
東大入試も、基本は同じです。

 

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。