将棋を指せるようになりましょう

将棋ゼロから初段への道 基本の考え方

将棋は、相手の王様を詰ませれば勝ちです。
したがって、もっとも大切なのは、終盤です。

初段レベルでは、お互いにミスが多いですから、
序盤、中盤の差など、終盤でカンタンにひっくり返ります。
ただ、序盤、中盤で大差をつけられないことは大切です。



勉強のしかた

これから述べるのは、アマ三~四段を手っ取り早く目指す勉強です。
プロを目指す勉強は、異質になると思います。

1、インプットなくしてアウトプットなし

基本的な定跡、手筋が頭に入っていないと、
それだけで差がついてしまいます。
アマ三~四段レベルでは、
プロのような構想力はそれほど必要ではないと考えます。

2、記憶のコツ

くり返す。
しかも、なにも見ずに正解がわかる、手順を再現できるようにする。

このようにすると、脳が
「よく使う、生存に不可欠な情報」
と勘違いし、記憶に残るのです。

3、スモールステップ

現在の自分よりも少しだけ上のレベルを勉強し、
少しずつ難易度を上げたほうが、
遅いようで早いのです。



ルールを覚えましょう

♪羽生善治のみるみる強くなる将棋入門(池田書店)





基本の基本を身につけましょう

♪羽生善治のみるみる強くなる将棋序盤の指し方入門(池田書店)
♪羽生善治のみるみる強くなる将棋終盤の勝ち方入門(池田書店)

 



1手詰を解けるようにしましょう

1手詰とは、
1回王手をかければ、相手の王様が詰む問題です。

駒の動かし方の理解も深まると思います。

もちろん、将棋は相手の王様を詰ませれば勝ちなので、
勝つために大切なトレーニングの基本です。

♪1手詰ハンドブック(毎日コミュニケーションズ、浦野真彦)
♪将棋1手詰入門ドリル(池田書店)

 

全問、一瞬で詰みが見えるまで、くり返しましょう。



ここまでで、なんとか将棋というゲームを楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

将棋初段への道

トッププロの棋譜を並べてみましょう

♪羽生VS森内百番指し



トッププロの棋譜を並べて、感覚を鍛えましょう。
意味は分からなくても大丈夫です。

特に、子供さんの場合は、
このような感覚的なものが大切だと思います。



戦法を覚えましょう

定跡の勉強です。
ただ、ここでの基本理念は、
「序中盤はやや劣勢ほどでついていき、終盤のキレで勝つ」
ですから、ほどほどにします。

中盤は無理せず、均衡を保つつもりで指せば、
終盤できっと勝てるでしょう(笑)。

♪ホントに勝てる四間飛車(河出書房新社、先崎学)
♪四間飛車を指しこなす本1(河出書房新社、藤井猛)

 

なにか1つ得意戦法を絞りましょう。
四間飛車がいいのではないでしょうか。

相手が居飛車なら、自分が四間飛車。
相手が四間飛車なら、自分が居飛車。
相手がそれ以外の振り飛車なら…??

先崎先生の本は、
本を見ずに盤上で再現できるまでくり返しましょう。
「なにも見ずに再現できるようにする」ことが
記憶のコツです。

藤井先生の本は
もともと次の一手形式です。
問題を全部正解できるまでくり返しましょう。
記憶のコツです。


終盤力で勝ちましょう

♪3手詰ハンドブック(毎日コミュニケーションズ、浦野真彦)
♪将棋3手詰入門ドリル(池田書店)

 

短い時間で解けるまで、くり返しましょう。


♪寄せの急所、囲いの急所(NHK出版、佐藤康光)



囲い崩しの基本です。
ここでの方針では、美濃囲い、舟囲いが大切です。
図を見て、正解がパッと浮かぶまでくり返しましょう。
記憶のコツです。


♪5手詰ハンドブック(毎日コミュニケーションズ、浦野真彦)
♪寄せが見える本基礎編(浅川書房、森けい二)
♪寄せの手筋200(浅川書房)
♪ひと目の必至(毎日コミュニケーションズ)
♪内藤のカンタン必至(マイナビ、内藤國雄)

 


  

5手詰は、それなりに短時間で見えなければいけません。
くり返しましょう。

以下4冊は必至の勉強です。
必至とは、受けがなく、必ず次から詰む状態です。

ただ、1手必至は1手詰よりも、
はるかに読みが必要です。
このあたりで勉強するのがいいのでしょう。

パッと正解が思い浮かぶまでくり返しましょう。
記憶のコツです。


手筋を身につけましょう

ここまでで、上級者になっているかもしれません。
さすがに、そろそろ、中盤で離されるケースも多くなっているでしょうか。

♪ひと目の手筋(毎日コミュニケーションズ)
♪絶対手筋180(毎日コミュニケーションズ)
♪ひと目の端攻め(毎日コミュニケーションズ)
♪ひと目のさばき(毎日コミュニケーションズ)

  

 

正解がパッと浮かぶまでくり返しましょう。
記憶のコツです。


♪羽生の法則1~3(マイナビ)

  

駒別の手筋集です。
図を見て、正解がパッと浮かぶまでくり返しましょう。
記憶のコツです。


本当に、ここまでの内容をパッと浮かぶまでくり返したなら、
部分的には三段くらいの人を超える部分も多いと思います。



テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

将棋初段への道・その後…


将棋初段への道・その後…

♪勉強のしかた(祥伝社)



米長邦雄先生と羽生善治先生の対談です。
プロを目指す勉強法が書いてあります。

一言で言うと、今まで述べたこととは逆で、
自分の頭で考えることが大切になるようです。

ただ、トッププロの方々も、
今まで述べたようなことは、
子供の頃に丸暗記をしたのではないでしょうか。


♪決断力(角川書店、羽生善治)
♪大局観(角川書店、羽生善治)

 

羽生善治先生のベストセラーを2冊挙げます。

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用