スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大への日本史

東大の日本史は、
実は、細かい知識は必要ではありません。
時代を代表するような事項を押さえ、
あとは、問題文で与えられた資料に基づいた
論理的な思考が求められます。

♪まんが日本の歴史2000年(学研)
♪新マンガゼミナール日本史(学研)
♪まんが日本の歴史全18巻(学研)

 

 

まずは、お気楽に日本史の全体像をつかめるものを読み、
軸を作ったほうが、
その後の学習がその軸に引っかかり、
遅いようで早く点数が上がります。





全20巻くらいの歴史マンガは、
学研、集英社、小学館と出ていますが、
学研が東大向きです。
為政者の移り変わりだけではなく、
民衆の生活などにもよく触れられ、
東大の論述に適しています。

---------------------------------------------------

♪スピードマスター(山川出版社)

 

 

とても薄い問題集ですが、
適切に、センター基本レベルをマスターできます。

0.28mmのオレンジペンで書き込み
(カッコは小さいので中には書けませんが…)
赤下敷きで隠し、正解できるようにすると、
日本史の基本が固まるでしょう。

このようなチェック用問題集を使いながらマンガを読むと、
勉強が能動的になり、記憶がはかどります。

東大の論述には、これでも細かすぎる部分があります。

---------------------------------------------------

♪アナウンサーが読む詳説日本史B(山川出版社)

 

山川出版社の詳説日本史Bは
多くの人が受験に使う検定教科書です。
その本文の音声つきのものが発売されました。

日本史のメインテキストにします。

ざっと聞きながら読むと、
受験日本史の全体像を把握できます。

問題集でわからないことがあったときは
調べものに使えます。

実力がついたら、通読、熟読すると、
問題集でマスターできなかった抜けを埋めることができます。
ICレコーダーで倍速再生すると、
目と耳から勉強でき、記憶が強化されます。

---------------------------------------------------

♪センター試験点数が面白いほどとれる一問一答(KADOKAWA)
♪センター試験への道(山川出版社)

 

センター日本史は、似たような出題がくり返されますから、
過去問を使った勉強をすると、効果的に点数が増えます。

「一問一答」は、
センターの過去問の選択肢を利用しています。

センター試験への道は、
センター試験の過去問が分野別に再編成されています。
学習を終えた分野から過去問を解くことができますし、
実際にどんなことが問われているのかを知ることができます。

---------------------------------------------------

♪東大の日本史25ヶ年(教学社)
♪日本史論述のトレーニング(Z会出版)
♪考える日本史論述(河合出版)
♪日本史講義時代の特徴と展開(駿台文庫)



  

   

過去問、論述問題集、論述向きの参考書を読んで、
歴史の背景、特徴、意義、因果関係などを理解すると
合格点を取れるようになります。

「時代の特徴と展開」は、故安藤達朗先生の著作です。
安藤先生は、長年、
駿台文庫の東大の過去問を執筆されていました。
スポンサーサイト

東大への世界史


♪まんが世界の歴史5000年(学研)
♪新マンガゼミナール世界史(学研)
♪漫画版世界の歴史全10巻(集英社)



 

まずは、お気楽に世界史の全体像をつかめるものを読み、
軸を作ったほうが、
その後の学習がその軸に引っかかり、
遅いようで早く点数が上がります。



 

学研と集英社が出していますが、
世界史は、集英社がいいと思います。
世界史の通史の網羅度が高いです。
また、中国の歴史もいいです。

---------------------------------------------------

♪スピードマスター(山川出版社)



 

とても薄い問題集ですが、
適切に、センター基本レベルをマスターできます。

0.28mmのオレンジペンで書き込み
赤下敷きで隠し、正解できるようにすると、
世界史の基本が固まるでしょう。

このようなチェック用問題集を使いながらマンガを読むと、
勉強が能動的になり、記憶がはかどります。

---------------------------------------------------

♪アナウンサーが読む詳説世界史B(山川出版社)

 

山川出版社の詳説世界史Bは
多くの人が受験に使う検定教科書です。
その本文の音声つきのものが発売されました。

世界史のメインテキストにします。

ざっと聞きながら読むと、
受験世界史の全体像を把握できます。

問題集でわからないことがあったときは
調べものに使えます。

実力がついたら、通読、熟読すると、
問題集でマスターできなかった抜けを埋めることができます。
ICレコーダーで倍速再生すると、
目と耳から勉強でき、記憶が強化されます。

---------------------------------------------------

♪ナビゲーター世界史(山川出版社)

 

 

教科書レベルほどの内容を、
もう少しわかりやすく解説していて
世界史の具体的イメージ、理解が進むと思います。

4分冊ですが、スラスラ読めると思います。

---------------------------------------------------

♪流れ図世界史図録ヒストリカ(山川出版社)
♪世界史の資料集

 

「ヒストリカ」は、重要事項が「流れ図」でまとまっています。
世界史に必要な、同じ地域の「タテ」の流れ、
同じ時期に他の地域で何があったかの「ヨコ」を
一目瞭然で把握することができます。

論述に必要な、歴史的意義なども、
コンパクトに載っています。

世界史のメインテキストにしましょう。
このような図が頭に入っていれば、
センターも論述も合格点を取れます。

ただし、「ヒストリカ」は地図が弱いので、
もう1冊資料集を持っておき、
勉強している部分の地図などをこまめに眺めましょう。 

---------------------------------------------------

♪センター試験面白いほど点が取れる一問一答(KADOKAWA)
♪センター試験への道(山川出版社)

 

センター世界史は、似たような出題がくり返されますから、
過去問を使った勉強をすると、効果的に点数が増えます。

「一問一答」は、
センターの過去問の選択肢を利用しています。

センター試験への道は、
センター試験の過去問が分野別に再編成されています。
学習を終えた分野から過去問を解くことができますし、
実際にどんなことが問われているのかを知ることができます。

---------------------------------------------------

♪世界史論述のトレーニング(Z会出版)
♪判る!解ける!書ける!世界史論述(河合出版)
♪詳説世界史論述問題集(山川出版社)
♪世界史B(東京書籍)

  

このような論述問題集を読んで、
論述用には、特徴、関係、効果、意義、比較の視点を持ち、
単問用にも、記憶のきっかけにするといいでしょう。
世界史B(東京書籍)は検定教科書で、論述向きのものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。