スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大への数学

♪教科書
♪体系数学(数研出版)

 

 

数学でもっとも大切なのは、教科書のマスターです。
基本問題と基本の考え方が一番しっかり書いてあります。

体系数学は、中高一貫校で多く使われている市販の教科書です。

---------------------------------------------------

♪やさしい高校数学1A、2B、3(学研)

  

検定教科書レベルの基本を
とても親切な解説で理解できます。

上記リンクから
「クリックなか見!検索」で見本を見れば、
その親切さが実感できると思います。

少し、教科書を超える内容も含まれます。

---------------------------------------------------

♪黄チャート(数研出版)

  

悩ましい所ですが、1冊の完全マスターを目指すという意味で、
黄チャートをおススメします。

教科書本文の次は、黄チャートの本文(章末除く)を
全問解けるようにすると、
入試によく出る技法をマスターできます。

黄チャート本文を完璧にすれば、
標準的な記述模試なら、東大級の成績になります。
黄チャートレベルの内容を把握している人がいたら、
模試を持って行って聞いてみましょう。

(章末除く)と書きましたが、
正松問題も、本文をマスターした後は、
いい標準問題演習になるレベルです。

---------------------------------------------------

♪面白いほどわかる本(中経出版)

  

   

  

 

黄チャートが苦しい人の代用に。
このシリーズは、問題の解説がとても詳しいので
スムーズに理解することができます。

---------------------------------------------------

♪入試問題集(数研出版)

  

前年の入試で出題された問題が載っています。

*問題は、頻出標準問題です。
*問題だけこなすと、効果的に、
黄チャートでマスターした技法を
入試で使いこなせるようになり、合格点を取れるでしょう。

---------------------------------------------------

♪合格!(マセマ)
♪実力UP!問題集(マセマ)
♪頻出(マセマ)
♪ハイレベル(マセマ)

  

  

 

 

マセマシリーズは、基本の解説や、答案の解説がとても親切なので、
スムーズに理解できます。

黄チャートで技法をマスターした後、
マセマで組み合わせ、ひとひねりに慣れると、
「合格」で国公立大学の標準問題、
「実力UP!」でほとんどの大学で、合格点を取れると思います。

---------------------------------------------------

♪良問のプラチカ、文系、理系1A2B、理系3C(河合出版)

  

難関大学向けの入試実戦問題集です。

黄チャートで技法をマスターした後、
組み合わせ、ひとひねりに慣れると、
東大で合格点を取れるでしょう。
文系は、東大対策として、特に貴重でしょう。

ハイレベルながら、解説は親切で、
スムーズに理解できます。

---------------------------------------------------

♪やさしい理系数学(河合出版)
♪ハイレベル理系数学(河合出版)

 

理系難関大学対策の仕上げとして人気です。
1問に対して、複数の解法が示されることが多く、
様々な面から理解することができます。

ただし、黄チャートが仕上がり、
標準レベルの記述模試で東大級の偏差値が出ていないと、
たんなる丸暗記になり、成績は上がらないでしょう。

---------------------------------------------------

♪整数問題が面白いほど解ける本(中経出版)



東大の整数問題で
合否を分けるパターンをかなりマスターできます。
解説は親切で、スムーズに理解できます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。