スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的なスタンス

特に、地方在住で、環境に恵まれないご家庭に

参考にしていただければと思います。

情報格差を埋めます。

公立の学校に通い、

塾に行かず、

高校受験までは受験をせず、

「勉強しなさい」とガミガミいうのではなく、

「心」の成長を大切にしつつ、

東大に合格する方法を紹介しようと思います。
スポンサーサイト

勉強のしかた

勉強のしかたはシンプルです。

基本から積み上げて、

くり返しの回数を大切にし、

参考書、問題集の内容を全部マスターする。

これに尽きます。


人間は忘れる生き物なので、

過剰なまでに、くり返しの回数をとりましょう。


問題集などを使い、「出力」をしたときに、

記憶が強化されるようです。

---------------------------------------------------

♪受験脳の作り方(新潮文庫)



脳科学を研究している、
東大准教授の池谷先生の本です。

上に書いたようなことをおっしゃっています。

---------------------------------------------------

♪ICレコーダー



これはいいです。
何の媒体もなしに、気軽に録音、倍速再生ができます。
音声ファイルはパソコンで保存、管理できます。

教科書や参考書などを録音して、何度も倍速再生すれば、
ただ黙読するよりも、はるかに頭に残るでしょう。

受験は、結局、知識を覚えているかどうかなのですから。

 

このようなもの倍速再生するといいでしょう。
高校の日本史、世界史を、7時間ほどで1周できます。

---------------------------------------------------

頭の良さとは?

まずは記憶力です。

しかし、記憶したことを使いこなせないと、意味がありません。

それを表現知能と呼び、以下のようなものが大切になるようです。



1.言語知能

2.計算知能

3.理論知能

4.音感知能

5.運動知能

6.空間認識知能

まずは大人が成長しましょう

♪原田隆史さんの本

  

 

原田隆史さんの本です。

原田隆史さんは、元中学校教師です。

一流の人物は「技」より「心」を大切にしていることに気づき、

また、さまざまな成功者を研究し、

公立中学校の陸上部から7年間で13回の日本一を達成され、

生徒指導でも成果をあげられました。

-----------------------------------------------------

♪論語



大人が心を育てましょう。


東大に合格する家庭

♪隣の子どもはどうやって東大に行ったのか(講談社)



東大合格者には、

もちろん、塾通いをして、

中学受験をした人も多いです。

しかし、私は高校まで普通の公立でしたし、

はたして、塾通いが本質的な要因なのか。

この本では、東大生親子1000人へのアンケートをもとに、

東大合格者の家庭生活が

どのようなものだったかがわかります。

意外に、塾うんぬんよりも、

日常生活そのものを勉強ととらえているようです。

あとは、

早寝、早起き、朝食、お手伝いなど、

やはり、規律がしっかりしているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。